トップページ食器のお手入れ

食器のお手入れ

陶器のお手入れ

初めてお使いになるときには、器の汚れを洗い流し、器にかぶるくらい水、又は米のとぎ汁を張った鍋に入れ煮沸します。 この時、器が踊るほどの強火で煮沸しないでください。
約30分煮沸したら、自然に冷めるまでおき、水で洗って乾燥させます。
こうすることで、しみ止めや汚れや臭いをつきにくくする効果があり、粉引や刷毛目の色を保ちやすくなります。

高台(器の底)は、まれにザラついている場合があります。 そのままご使用なりますと、テーブルや食器棚などを傷つける場合があります。
ランチョンマットやコースター、茶托などをご使用くださるか、目の細かいサンドペーパー(80番くらい)や砥石で磨いてください。 ザラザラした高台の器同士を擦りあわせるのも有効です。

お料理を盛る時は、事前に水かぬるま湯に浸して水分を含ませ、ふきんで余分な水気をふき取ってから盛るようにしてください。 油、しょう油等の汚れや匂いが染み込むのを防ぎます。
また、水を含んだ器はつやが出て、お料理がより映えます。

使用後は、台所用洗剤と柔らかいスポンジで早めに洗い落として下さい。
長時間のつけ置き洗いは避けましょう、陶器が汚れ等を吸収し、匂いやしみなどの原因となります。
残った料理は別の容器に移しかえて保存してください。

収納は、十分乾燥させてからにしてください。
陶器は吸水性が高いため、乾燥させないで収納するとカビ、匂い、シミの原因になります。
特に湿気の多い季節は気をつけて下さい。

磁器のお手入れ

磁器は、使用開始時に煮沸する必要はありません。
中性洗剤と柔らかいスポンジを使って、汚れを洗い流してからお使い下さい。

シ−ルやラベルが貼ってある場合は、しばらくぬるま湯に浸しておけば剥れます。
剥れない場合は、ドライヤーの温風を当てると剥れやすくなります。

洗ってもおちない汚れがついた時は、薄めた漂白剤が効果的です。
ただし、赤絵や金彩などが施されている器は変色する可能性があるので漂白剤は避けてください。

ガラス・クリスタルのお手入れ

急熱・急冷を避け、直接火にかけないで下さい、割れる危険性があります。 オーブントースター、電子レンジでの使用も避けましょう。

中性洗剤と、柔らかいスポンジや布で手洗いしてください。 そして、水滴をふき取る際には、よく乾いた麻布や綿布を使用すると輝きが一層増します。
研磨剤やナイロンタワシは表面を傷つけます。 食器洗浄機の使用も破損を招きやすくオススメしません。

透明感がなくなった場合は、半分に切ったレモンか歯ブラシにつけたお酢で磨いていただくと効果的です。
それでも改善しない場合は、それらにお塩をすこしつけて磨いてみてください。

漆器のお手入れ

軽い汚れは、ぬるま湯でさっと洗えば充分です、油汚れには、中性洗剤を薄め、柔らかなスポンジや布で優しく洗えば落ちます。
飯物のこびりつきはお湯をはって10分程度置いておきましょう、汚れが浮き上がってきたらスポンジで軽く手洗いしてください。 水切り後は、乾き切る前に乾いた布で拭いてください。 

普段づかいの椀などは、そのまま重ねて収納してください。
大切な漆器は、柔らかい紙か、布に包んで箱に納め、乾燥しすぎない所に保管してください。

銀製品のお手入れ

黒ずんだ場合は、シルバーリキッドを布などに少量つけ、優しく磨くと輝きを取り戻します。
保管は、ビニール袋や布などで空気とあまり触れないようしてください、変色を防げます。

洗浄には食器洗い機が最適です、もし手洗いする場合は柔らかいスポンジなどを使用し、中性洗剤を使いましょう。 塩素系洗剤は変色の原因になります。

真鍮製品のお手入れ

真鍮製品は始めは輝いていますが、酸化で(お酢などで急速に進む場合もあります)色が濃くなっていく性質があり、それによりアンティーク調の味わいが出てきます。 時々乾いた布で拭いてくださるとよりより深い良い色になります。
酸化した製品に身体への悪影響はまったくありません。

ホームセンター等で販売しております金属研磨剤(メタルポリッシュ・ピカール等)や、磨き布等で磨くことで元の輝きをとり戻すことができます。

ページトップへ

design by. (C) WebDaisuki.com

inserted by FC2 system